無制限wifiのおがげでビデオ会議はスムーズになるのか?

画面のフリーズを減らせる

本社と支店の間で会議を行うときにネットワークを使う方法は以前から行われていました。光回線などの高速回線を使うのを前提にしているので、ほとんど画面がフリーズせずにスムーズに会議が行えます。一方リモートワークが進み自宅にいる各社員をネットワークで接続して会議をする方法があり、このときは各社員の回線環境によってフリーズが起こる人と起こらない人がいるようです。ギガを限定したサービスだと低速モードになりやすくフリーズもしやすくなりますが、無制限Wi-Fiは容量を気にせず高速モードが継続されるのでフリーズしにくくなります。無制限Wi-Fiを使っている人自身は快適に行えるものの、会議の相手がその他のサービスだとスムーズに行えない可能性があるでしょう。

Wi-Fi環境による違いを知る

インターネットに接続するときは有線を使うか無線を使うかがあります。無線にも家庭内LANの接続もあれば携帯電話会社などが提供する無線Wi-Fiもあり、どの方法を使うかによって接続状況が変わります。無制限Wi-Fiは屋外や屋内などいろいろなところで無線でネット接続できる仕組みなので、ビデオ会議の接続が一度スムーズに行えたなら将来的にも問題は出にくいでしょう。ただ無線Wi-Fiはすべての地域や建物内で安定的に接続できるわけではなく、事情によって接続が切れやすかったり全くつながらないときもあります。無制限Wi-Fiの本契約をする前に試用させてもらい、自宅でのネット接続がきちんと行えるか確かめましょう。通信会社によって接続状況が異なるので、ある通信会社が接続しにくくても他の通信会社なら問題がなくなるかもしれません。