テレワーク勤務!無制限wifiは恩恵が大きいのか?

自宅で会議が必要なとき

仕事と言えば会社に出社して行うのが当たり前でしたが、働き方の見直しによりテレワークを取り入れるところも増えています。感染病の蔓延や災害が起きたときには出社自体が難しくなるかも知れず、その時にもテレワークは有効な働き方になるでしょう。テレワークをするときにはインターネットへの接続が必要になりますが、Wi-Fiサービスの契約を新たにする人もいるはずです。もしテレワークにおいて会議やミーティングが多いのであれば無制限Wi-Fiの契約をした方がいいでしょう。テレワークではパソコンとネットを使った会議が行えますが、動画のやり取りをするために通信料が多くなります。無制限Wi-Fiであれば会議の途中で低速に切り替わる心配をしなくて済むでしょう。

会社から通信費用の補助があるとき

Wi-Fi契約をするときには一定容量のサービスを選ぶか無制限サービスを選ぶかの判断が必要です。個人的に利用するなら当然費用は個人負担になるので、あまり大きな容量のサービスや無制限サービスだと無駄になってしまう可能性があります。一方テレワークのためにWi-Fi契約をするときは会社によっては通信費用を負担してくれるときもあります。会社が負担してくれるのであれば無制限Wi-Fiで契約するとよいでしょう。無制限Wi-Fiは低容量の契約より高いものの大容量の契約に比べると割安の時もあります。利用に応じて料金が変化するサービスだと毎月異なる料金を請求しないといけないので面倒かもしれません。無制限Wi-Fiは定額制なので、どれだけ使っても同じ額の請求になり手間がかかりません。